こんなに激務!?医師の実情

親の期待を一身に受け、遊びなんて目もくれず勉強に邁進していた学生時代。青春時代なんて大人になってからさ、と心で何度もつぶやきやっと受かった医師国家試験。医師になればバラ色の生活が送れると思い描いていた人は多いのではないでしょうか。でも現実は、急患がひっきりなしにやってくる当直勤務、その後寝ないで外来勤務なんて当たり前です。自宅でくつろいでいても寝ていても、休みでも関係なくかかってくる病院からの電話。バラ色の人生のはずだったのに仕事一色の人生になるなんて、と嘆いている医師はたくさんいます。そんな激務の医師の転職事情はどうなっているのでしょうか。

以外と普通にある!?医師の転職

医師は一般の人のイメージと違って転職をする人が多い職種なんです。もともと親が開業医で大学の医局に診療スキルを学び、一人前の医者になり家業を継ぐために辞める人も多くいます。また一般の病院では自分の専門外の診療や病院運営にも関わらなくてはいけません、だから専門分野だけの仕事に集中したいからと辞める人。他にも多忙な仕事に疑問を感じたり体力の限界だったり、特に年齢が上がればいつまでも重労働には耐えられませんよね。それから今の医局や病院では出世の見込みがない、人間関係が悪い、待遇の問題、また女医は出産を機に辞める人も多いようです。これは一般の職業にも当てはまる理由かもしれませんね。

医師の就活の方法は!?

親の病院を継ぐために辞めた人は就活の必要はありませんよね。では他の人はどのように就活しているのでしょうか。医師は一匹オオカミで孤独のイメージがありませんか?でも以外に横の繋がりがある狭い世界なんです。だから医学部の同級生や先輩後輩、医局が一緒なんていう伝手を頼り、自分の得意な専門分野での仕事を探したり、逆にヘッドハンティングされることもあります。また一般の就活と同じで、求人サイトで探すことも普通にあるそうです、ちょっと驚きですよね。

近年、医師 転職は当たり前となっており、もっと年収を増やしたいやキャリアアップのため、ゆっくり働きたいなど様々な理由があります。